「かわいいね」という男性の本音。

Pocket

「君、かわいいね」といわれたときに、あなたはどう感じますか?
素直にうれしいと感じますか?
下心がありそうで警戒してしまうという女性もいるのではないでしょうか?
では、なぜそう感じてしまうのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

なぜ「きれい」ではなく「かわいい」か?

結論から言うと、男性はほめ言葉として好意的に「かわいい」を使い、純粋に「かわいい」が「好き」という感情に結びつきます。

なぜ男性が女性に好意を持つと「好き」とか「きれいですね」ではなく、「かわいいね」というのでしょうか?

これは当然のことですが、女性は序列の低い男性を好まない傾向にあります。つまり魅力の高い男性を好みます。
そして、自分のルックスや性的魅力はあまり高くなくても、それを棚に上げて序列の高い男性を好きになるという高望みをする傾向にあります。

なぜなら、女性は肉体を男性に与えれば、少々魅力が低くても序列の高い男性と親密になれることができるからです。

当然、このような高望みの傾向が女性にあることを、男性も知っています。なので男性は女性の前で序列が高いことをアピールしなければなりません。

「好き」とか「きれいですね」という言葉は少々へりくだった印象があります。つまり自分は相手より劣位で、相手が自分よりも魅力があることを示す言葉になります。

男性が「かわいいね」と言うのは、その言葉が相手のルックスが良く、魅力的であることを褒めるだけでなく、自分のほうが上にいるような意味を含んでいるからです。

たいてい「かわいい」は自分よりも年下に多く使う言葉であることからもそのことがわかります。
女性を褒めて、さらに自分が優位に立つことができる魔法の言葉なのです。

若さへのコンプレックス。

しかし、「かわいい」と言われてあまり好印象を持たない女性もいます。
その理由の一つに、自分より魅力の低い男性に言われたときです。

「私よりも、魅力が低いくせして、エラそうな言い方をしないでほしい」
という意識があるからです。
魅力の低い人に上からものを言われたような気分にさせられることに対する不快感です。

そしてもう一つは、「かわいい」という見た目を褒められる言葉に対して、ネガティブなイメージを持つことです。なぜ、容姿を褒められて嫌な気分になるのでしょう?

それは、どんなに美しい女性でも、容姿は必ず衰えるからです。

男性を見た目で惹きつけた女性は、他に現れた若く美しい女性に男性を奪われる可能性があり、自分が衰えたときに興味をなくされて離れっていってしまうという危機感を無意識に持っているのです。

このような事実から、女性はルックスで男性をひきつけようとするにもかかわらず、見た目につられて自分に近寄ってくる男性を敬遠するという矛盾を抱えているのです。

「かわいいね」という容姿を褒める言葉にネガティブなイメージを持つ理由はここにあります。

しかし男性にとって「かわいい」は、見た目が良く従順そうで、男性のいろんな意味での好意を表す言葉であることは間違いありません。

男性の「かわいい」という言葉の本音は、
「扱いやすそうだし、従順そうだし、いろんな意味でお前が気に入っている」
といったところでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする