男性はなぜ愛がなくてもエッチできるのか?

Pocket

男性は愛がなくてもエッチできるのか?
そう考える女性も多いのではないでしょうか?
この問題の答えを出すには男というものを理解しなければなりません。
男性を支配しているものは何なのでしょう?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

男性の正体はテストステロン。

彼女がいても浮気はするわ、お金を払ってまで風俗には行くわ、こそこそエッチなビデオは見るわ。
「性欲だけで生きているの」と女性に言われても仕方がないほど男性の行動は単純です。

男性には『より多くの女性に、より多くの種をまく』という種の保存の本能があるのですが、
この本能による命令を忠実に実行する役割を果たしてるのは『テストステロン』という男性ホルモンです。

このテストステロンが、男らしい肉体を作り、精子を作り、集団をまとめ、仕事を一生懸命やらせ、ギャンブルに夢中にさせ、喧嘩や浮気、オナニーまでもさせてしまう。

しかもテストステロンの分泌量が多い男性ほど、女性を惹きつける魅力が多いことも事実です。
男性がモテるためにはテストステロンは必要不可欠なホルモンなのです。

そして男性はテストステロンの要求を満たすことで、気分が晴れ晴れし、大きな満足感を得られます。

そのくらいこのテストステロンは男性にとって重要なホルモンで『テストステロン=男』といっても過言ではありません。

これが男が単純だと言われる理由でもあります。

このテストステロンの最大の特徴は、男性に攻撃的性欲を芽生えさせることです。

つまり積極的に発情し、たくさんの女性と、たくさんセックスをしたいという欲求を起こさせるのです。
だからこそ、合コンし、街でナンパし、お金を払ってまで風俗に行き、出会い系サイトでも嘘をつき、とにかく女にモテよう、エッチしようとするのです。

ですから「男は愛がなくてもエッチできるのか?」と問われれば、正直できないとは言い切れません。
ですが、男性の立場から言い訳するならば、エッチしたいと思うこと自体が愛なのであって、愛がないのにエッチするわけでは無いのです。

男のエッチしたいにはレベルがある。

「そんな単純な愛なの?」と女性は呆れるかもしれません。しかし男性には愛情のレベルというものがあります。

  1. 1回だけならエッチしてもいい。
  2. 遊びでならエッチしたい。
  3. きちんと付き合ってエッチしたいけど、他の女の子ともエッチしたい。
  4. なるべく君とだけエッチしたい。
  5. 一生大切にして、君とだけエッチしたい。

と様々なレベルがあるのですが、どの場合にも同じ『好き』『愛している』という表現を使います。

女性も愛しているという言葉を使いますが、その意味は男女共通ではないことも多々あります。
逆に言うと、女性は男性のこのエッチしたいという気持ちが、どのレベルの『愛している』に該当するのかを見極めなければなりません。

男性は女性に、本気でエッチしたければ、ときには嘘をついてでも一生懸命アピールし、騙そうとするわけですから、愛していると言われたからといって、相手も自分と同じ気持ちであると思ってしまうのは危険です。

この男女の違いを認識し、見極めることこそが男性を見抜く能力になるわけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする