ダメ元で言ってみる交渉の一言。

Pocket

そんなの無理に決まってるじゃん、とあっさり諦められれば良いのですが、
通常、仕事ではそうもいかないことが多いものです。

少しハードルの高い要求を呑んでもらいたいけど、切り出すことすらできない。
そんな時に、ダメ元で言ってみる交渉術です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

お役にたてれば何より

 ノリで切り出す。

例えば予算がどうしても足りない場合に、15万円の支払いを、
『今回予算がないんで、何とか10万円でお願いできませんか?』
などと、馬鹿正直に言ってみますか?

当然相手は『冗談でしょ』と憤慨し、こいつとんでもない常識知らずか、
よっぽど図々しいやつだと思われるのがオチです。

でも、もしかしたら意外にもすんなりオーケーしてくれるかもしれない、
そんな場合に使える魔法の言葉があります。それが、

『ですよね』なのです。

”わかっているけど言ってみました”のノリ。

『無理を承知でお願いなんですが、今回10万円しか出せないんですよ』

と無茶なお願いを切り出してみます。
もしも相手がすんなり「仕方ないですね」と言ってくれたらラッキー。

「冗談でしょ」と言われた場合でもすかさず『ですよね』と言って、
”なんだ、安すぎるのは、分かってて言ってるんだ”と、
常識を逸脱したとんでもない馬鹿だとは思われずに、最悪の評価は避けられます。


ukkari

この領収書、経費で落としたいんですけど。


上司

キャバクラの領収書なんて、落とせるわけないだろ!


ukkari

ですよね。

つまり『ですよね』は、「もちろん分かっているんですが、言ってみただけです」という、
無理な要求に引っ込みをつける言葉です。

応用編

さらに応用テクニックとして、『例えばの話ですけど』と仮定の話として切り出す方法もあります。

『例えばの話ですけど、今回は10万円でお願いできませんかね』

というように、仮定の話として切り出すと、交渉が決裂した場合でも、引っ込みがつきやすくなります。

『例えば、約束の時間を1時間遅らせていただくわけにはいかないでしょうか?』

と切り出し『いいですよ』と言ってくれればそれで良し。
『困ります』というニュアンスを感じたら、すぐに『ですよね』で引っ込める、
交渉のヒット&アウェイとも言えるテクニックです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする