自分の非を認めずして謝る方法。

Pocket

間違いを犯したとき、素直に謝らなければならなくても、プライドが邪魔をして謝れないときってありますよね?

または、謝りたいけど謝ることができないときってないですか?

そんな時に、何と言ったらよいのかを考えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

素直に謝ることが一番楽。

言い争いになってしまったり、迷惑をかけてしまったりしたとき、素直に謝ることができればそれが一番楽です。
きちんと誠意を伝え相手に許してもらえれば、その後も相手と良好な関係を維持することができるでしょう。

しかし分かっていても、「謝る=負けを認める」という等式が心のどこかにあるので、なかなか謝れません。
謝ることで自分や、自分の能力を否定される気がするのです。

言い訳がましいことを言わずに、誠意をもって謝ることができれば、
相手は許す気持ちになるだけでなく、自分を誠実な人だと感じるはずです。

できればきちんと謝ってしまいましょう。

仮定法を使う。

自分の非を認めずに謝るとき、仮定法を使うという手があります。

例えば、待ち合わせに遅刻した時、本来なら素直に、

『待たせて、ごめんね』

と言えばいいのですが、待たせたという非を認めたくないので、

『待たせて気を悪くしたら、ごめんね』

と言うのです。確かにこれなら自分の非を認めてはいません。
これは言い換えると、『待たせても気を悪くしてなければ、悪くない』と言っているようなものです。

他にも、ぶつかったときに『痛かったら、ごめん』とか、
はっきり間違えていても『紛らわしかったら、ごめん』
など、たいていどんなときにも使えます。

この仮定法、使う側としては非常に都合がいいのですが、
言われた側からすると「謝られているのになんだか気分が悪い」ということにもなります。
便利に使えますが、ほどほどにしておいたほうがいいでしょう。

絶対に謝れない場合もある。

非を認めて謝るという事は、その責任を負うということを意味します。特に企業の場合むやみに謝ることができません。
相手が怒っているときは、即座に『すみませんでした』と言ってしまった方がよっぽど気が楽なのですが、それを言ってしまったら金銭的な請求もされかねません。

例えば、飲食店を経営していて、換気の臭いや油で周辺住人に迷惑をかけている場合、
モラル的に問題があっても、法に触れることがないようならこう言います。

『このような状況になってしまった事は遺憾ですが、法的には問題ないと確信しています』

素直に謝ってしまえば、営業すらできなくなるかもしれません。

事実として現状には残念だ、遺憾であるという感情持って、痛みを理解するが、
”悪くないから謝らない”
これが謝らない謝罪の方法です。

時と場合によっては、謝ってはいけない場合もあるので、
謝らずにことを治める手段として、心得ておくべきなのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする