話しやすい雰囲気の作り方。

Pocket

街を歩いているとき、あなたは知らない人から道を聞かれたことはありますか?
よく道を尋ねられるという人は、話しかけやすい雰囲気があります。
そういう人は、人が寄ってくる人なのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

挨拶と笑顔

一体どうすれば話しやすい雰囲気を作ることができるのでしょうか。
これは自分が話しやすい人は、どんな人かを考えればすぐにわかります。

挨拶がしっかりしていて、笑顔で親しみやすく、ちゃんと人の話を聞いてくれる。
そんな人となら自然と会話も弾むでしょう。

何より大切なのは笑顔と挨拶
この2つは誰もができているようで実のところちゃんとできている人は少ないです。

まずは、「こんにちは」から入ればいいのです。
そうすれば、ほとんどの相手は悪意も敵意も持たずに対応してくれるでしょう。
そして「お元気ですか」「最近どうですか」と繋いでいけばいい。
会話をなめらかに始めて行けるでしょう。

今日からまず1週間でいいので、笑顔と挨拶を意識してみましょう。

相手の波長に合わせる。

もう一つ、大事なのは相手の波長に合わせることです。

落ち込んでいる人にやたらと明るく行くのもダメだし、
楽しそうな人に暗く話しかけるのもよくありません。

とくに子供と話すときに、意識することは有効です。

元気な子供には元気に「イェーイ」と呼びかけ、
泣いている子には、優しく「どうしたの」と話しかけるのです。

初対面で気難しい顔をしている人は、少し困りますね。
いい加減に話し始めたら心を開いてくれないでしょうし、
下手をすると、怒らせてしまうかもしれません。

そんな時は、相手を戦国武将か政治家か何かと想像し、
自分もそれらに謁見する武士か議員秘書にでもなったような気持ちで向き合います。

相手の波長に合わせ、相手に敬意を払った波長をこちらから出すことで、
相手の話しやすい雰囲気を作っていきます。

大阪の人に大阪弁で話しかけると「なんやそれ」と怒られるでしょうが、
彼らはまんざら悪い気はしていないのではないでしょうか。

相手の顔色ばかり気にするのではなく、相手に波長を合わせる。
対面した相手の雰囲気を読み取り、それに合わせるならあまり難しくはないでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする