会話を広げる6つの方法。

Pocket

話をしてみても、全然広がらない。会話がすぐに途切れてしまう。
そんな気まずい状態になってしまうことはないですか?

一体どうすれば話を広げられるのか?
実はこれには簡単なテンプレートがあるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

基本は共感すること。

例えば「ディズニーは好き?」みたいな質問の場合、

「好きだよ。ディズニーランドにもよく行くよ」

みたいな答えが返ってきたら、

「そうなんだ、かわいいもんね」

と、共感で広げるのがまず基本です。

どんな会話でも、相手の批判から入らないことが重要です。
相手を否定することで自分と相手の距離が一気に広がります。

関連キーワードで質問。

「じゃあUSJにも行く?」
「富士急ハイランドは?」
みたいに関連ワードで相手の興味を探ってみます。

時間軸を入れてみる。

「子供のころから好きなの?」

これは時間軸を加えて話を広げる方法です。
相手の歴史を語ってもらうので深い会話になる可能性が高いのです。

周囲の人の話で。

「家族もディズニー好きなの?」

相手の話しやすい身内や、友達の話を振って話を広げます。
家族や友達の違う話にもつなげやすいでしょう。

恋愛話。

「今まで好きになった人もディズニー好きだった?」
「デートでディズニーランドに行ったりしたい?」

男も女も恋愛の話は嫌いじゃないですよね。
とくに、これから恋愛をしたい相手との距離を縮めるためにももってこいです。

他の興味を探る。

「ほかにデートに行きたいところってある?」

相手が興味を示さないときには深追いはやめて他に興味があることを探ります。

まとめ

  1. 基本は共感すること。
  2. 関連キーワードで質問。
  3. 時間軸を入れてみる。
  4. 周囲の人の話で。
  5. 恋愛話。
  6. 他の興味を探る。

このくらいのテクニックで十分話は広がります。

大切なのは相手に興味を持ち、相手の発した言葉からさらに話題を広げることです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする