“包容力”のある男性の6つの特徴

Pocket

みなさんは「好きなタイプ」を聞かれたらなんて答えますか?
「包容力のある人」なんて答える人もきっと多いはず。

でも包容力って何なんでしょうか?
そして、包容力を身につけるにはどうしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

包容力のある人とは?

ほうよう-りょく【包容力】
過ちや欠点なども含め、相手のさまざまな点を受け入れることができる心の広さ。
出典 goo辞書

包容力のある人とは、
自分と意見が違っていても、違う考えを理解し認めることができる器の大きな人。
また、違う考えでも話をさえぎらずに聞き続けるガマン強さ、
不本意なことがおきても言い訳や、グチを言わない忍耐力のある人です。

包容力のある人の6つの特徴

では、包容力のある人はいったいどのような特徴を持っているのでしょうか。

いつでも冷静で落ち着いている。

感情をストレートに顔に出さず、不測の事態でも冷静さを保つことができます。

常に客観的に物事を捉え、落ち着いて適切な行動を取ることができるので、
周囲の信頼を得ることができます。

人の話に耳を傾けることができる。

包容力のある人は話を聞いてほしいときに、親身になって話を聞いてくれます。
相手の身になって考え、適切な意見やアドバイスもできます。

たとえ考えが違っても、人の話をさえぎらずに聞くことができるだけの、
心に余裕がある人だといえます。

素直さと謙虚さを持ち合わせている。

自分のことを客観的に見ることができるので、
自身の至らない部分に関しては人の意見を素直に聞き入れる柔軟さがあります。

能力が高くても、自己アピールをしない謙虚さが周りから好感をもたれます。

気づかいができる。

洞察力に優れているので、相手の気持ちを察して、細やかな気づかいができます。

また自分の都合に相手を合わせるのではなく、
相手を気づかい相手に合わせる優しさを持っているのも、包容力がある男性の特徴です。

ネガティブなことを言わない。

他人に対する不平不満を聞かされるのは気分のいいものではありません。
包容力のある人は、人の陰口をたたいたりしません。

また、どんなにつらい状況におかれてもグチをこぼさない忍耐力も持っています。

ネガティブな感情を心にしまうだけの広い器があるのです。

失敗を許すことができる。

失敗した本人は指摘されなくても多少は反省しているものです。

包容力のある人は必要以上に責めたてたり、頭ごなしに怒ったりはしません。

失敗を受け入れる器と、その失敗をカバーするだけの経験や余裕があるのです。

失敗を責めるより、どうしてそんなトラブルが起きてしまったのか、
次からはどうしたらよいのかを一緒になって考えたり、
二度と失敗させないようアドバイスをする。
建設的に考えることができるのも「包容力」があるからこそなのです。

包容力のある男性になるためには。

そんな包容力のある男性になるためには、どうすればいいのでしょう。

それはイメージすることです。

今までにあげた6つの特徴を読んで、
少しは理想の男性像がイメージできたのではないでしょうか。

何かトラブルがあったとき、腹が立ったとき、うまくいかないとき、
“包容力がある男性だったらどうするかな?”
“包容力がある人だったらこうするだろうな。”
とイメージするだけで、行動は変わってきます。

包容力は、生まれつきのものではありません。
包容力のある男性になり、より魅力的な人になるよう、 
この記事を参考に、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする