年下彼女の作り方。

Pocket

かわいく甘えてくれる『年下彼女』がほしいと思う男性も多いんじゃないでしょうか。
結局、男は若い女の子が好きですから。

でも、年の差があるがゆえに積極的になれない、諦めてしまっている人も多いはず。

今回、そんな『年下彼女』の作り方と、注意点を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

出会いを作る

『年下彼女』を作るのに必要なことは大きく分けてたった二つ意識することです。
ひとつ目は出会いの場を作ることです。

結局どんなに『年下彼女』がほしいといっても、出会えなければできるわけありません。
どんな方法でもいいです。手当たりしだい出会いを作る努力をしましょう。

会社の後輩、友達の紹介、街コン、ネット婚活サイト、趣味のサークル、習い事・・・
もちろんそれぞれにメリット、デメリットはあります。

会社の後輩にフラレたら、会社で気まずくなったり、うわさになる。
街コンにはなかなかいい人がこない。
習い事では恋愛に発展しない。

ネガティブに考えていては何もできません。とにかく出会えればいいのです。
その後のことは、後で考えましょう。

一人に絞らない

できるだけ、多くの出会いの機会を作るようにして、
たとえ意中の子がいてもその子だけに絞らないようにします。

他に女の子のあてがあれば、本命の子にフラレても
「まっ、次の子がいるからいいや」くらいの余裕が生まれます。

逆に余裕のなさは相手に伝わります。
必死感が伝わってくると、重いので女の子は引きます。

心の余裕を持つためにも、出会いのチャンスは多く持つようにしましょう。

年上らしい振る舞い

もうひとつ意識することは、年齢差がある以上、年上らしく振舞うことです。

『年下彼女』が年上に求める条件を考えながら、付き合い方を見ていきましょう。

大人としての落ち着きや余裕がある。

年齢に関係なく、女性が男性に求めるものは『包容力』です。
特に年下の女の子が年上彼氏と付き合うとすればなおさらです。

同世代の男の子が子供っぽいと感じている女の子が多いので、
年上彼氏の需要もあるのです。

若さやノリで、張り合うことできないので、
落ち着きとクールさで大人をアピールしましょう。

経済力がある。

お金があるというのも、安心感を得るには大変重要です。

同世代の男子と比べ、圧倒的な経済力の差があれば言うことはないのでしょうが、
高収入でなくてもかまいません。

きちんと働いて収入があり、使うべきところに使えるだけの余裕は欲しいものです。

くれぐれも、デートにまで倹約を持ち込むのはやめましょう。

話を聞いてくれる。

彼女の悩みや相談を親身になって聞いてくれる態度に、
相手も厚い信頼を寄せてくれるものです。

彼女の身になって考え、適切なアドバイスができれば言うことはありませんが、
気の利いたことを言う必要はありません。

女の子の中では結論が出ていることも多いので、かえって理屈で話をするよりは、
聞き流さずに、彼女の身になって聞いてあげるくらいのほうがいいでしょう。

知識や経験がある。

『年下彼女』が周囲の男の子ではなく、年上彼氏がほしいと思っているのなら、
彼女自身が大人びているからこそ、大人の男性に希望を抱いているのかもしれません。

それはただ歳を重ねて落ち着いた人がいいのではなくて、
知識や経験に裏打ちされた大人に憧れているのです。

分別を知り、経験があるからこそ何事にも動じない『大人の男』を演じられるのでしょう。

彼女の期待に応えられるだけの知識や教養は身につけていたいものです。

注意点。

せっかく出会えて話すチャンスをもてたとしても、
嫌われてしまっては元も子もないです。

これだけは最低限注意しておきましょう。

ガツガツしない。

くどいようですが、『年下彼女』は大人の男性を求めています。
周囲の男性が子供っぽいと感じる理由は、体目的であることが多すぎるからなのです。

執拗にLINEしたり、すぐにホテルや家に誘ったりすることは、
女の子を警戒させるだけです。

年下の彼女を作りたいと思うのなら、
じっくりと心の距離をつめることに時間をかけましょう。

清潔感を保つ。

女の子が、大人の男性に憧れていたとしても、おじさんが好きな子はいません。

だれでも歳を重ねれば老けてくるし、体臭もでやすくなります。

髪型や、特に爪などはきちんと手入れをして、身だしなみには気をつけてください。

服装も清潔感のある年相応の格好をしましょう。
『年下彼女』に合わせた、若ぶった格好はNGです。

無理な若作りはイタイだけです。

知識をひけらかさない。

知識や経験を身に着けることは大事です。
しかし、自慢や自己アピールは自分本位で引かれます。

包容力のある男性は自分をひけらかすことはしません。
自分のことをよく知っているので、ことさら吹聴しなくてもよいのです。

自分の話をどれだけすればよいのか心得ている人。
そんな、謙虚な大人に『年下彼女』は惹かれるのです。

昔話をしない。

「俺の時はこうだったよ」
「その曲が流行っていたとき、まだ小学生だったの?」

そんな話をされても、女の子はただただ年の差を感じるだけです。

聞かれたときは、素直に応えればいいですが、
あえて自分と比べるようなことは言わないように気をつけましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする