モテる男には行動力がある。

Pocket

彼女ができない人に足りないたった一つのもの・・・それは行動力。

行動力を身につけるだけでモテるようになる。

恋愛とは行動力だった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

どんな人もそもそもモテない

恋愛できる人には決まって行動力があります。
気持ちを伝えるための行動をとることが、恋愛につながる唯一の方法だからです。

イケメン君や魅力的な人は相手から言い寄られることもあるでしょう。
でも、自分の興味のない人に言い寄られてもそれはモテるとはいえないです。

意中の人に振り向いてもらえる人がモテる人だといえます。
どんなにかっこいい人でも自分の好きな人から告白される確率は低いでしょう。
それが、普通の人ならなおさらです。

つまり、自分から行動を起こせなかったら、だれにも彼女はできないのです。
何もしなかったら、5年たっても10年たっても何も変わりません。

行動できない訳

恋人を作るのに、行動を起こせばいいだけならそうすればいいのですが、
なかなか行動を起こせない人もいます。

それはなぜでしょう。

フラれることが怖い。

めんどくさい。
モチベーションが上がらない。
いろいろと理由はあるかもしれませんが、
最大の理由は、フラれることが怖いから。つまり恐怖心でしょう。

そりゃあ誰でも自分を否定されるのは嫌です。それが好きな人ならなおさら。

しかし、それは当然のことです。誰もがそうなんです。
でもそんなことを言っていたらいつまでも変化はありません。

では、行動を起こすためにはどうしたらいいのでしょう。

行動できるようになるための考えかた

恐怖心をポジティブに変換するための考え方は次の4つです。

すぐにあきらめない。

一回断られたからと言って、すぐにあきらめてはいけません。
積極的な男性を好きな女子も多いのです。

好意を寄せられて、嫌な思いをする人はいないので、
2回、3回とアプローチをしてみます。

断られることが分かっているのに誘ってくる人が、
次第に気になる人に映ることもあります。

ただし、明らかに無理そうだったり、迷惑そうなら早めに手を引きましょう。

経験値を上げたと考える。

失敗したとしても、経験値を積んだと考えます。

どんなことでも、最初から成功を望んではいけません。

異性と話すことに慣れていなかったり、告白することに慣れていなければ、
失敗してもしようがないのです。
その経験を生かして、次はこうしよう、この方がいいかと改善を考えます。

フラれることが失敗ではなく、フラれたことから学ばないことが失敗なのです。

次があると思う。

女の子は1人ではありません。

ひとりの女性に没頭してしまうと周りが見えなくなるものです。
そんな告白は余裕がなく、重く感じてしまうものです。

1人の思い告白より、10人の軽い誘いのほうが、確率は上がるのです。

『次があるさ』の気楽なノリで誘いましょう。

行動してから考える。

そもそも、フラれることが怖くて告白できないような人は、
考えていても、ネガティブな考えしか浮かんできません。

どう出会いの場を作るのか、どう誘うのかだけ考えて、
そのあとのことは告った後に考えればいいのです。

思い立ったらすぐ行動しましょう。

仕事ができる男=モテる男ではない。

仕事ができる男はモテます。

しかし、仕事ができる男=モテる男ではないのです。

行動力がある人間は、仕事に対しても、恋愛に対しても積極的に行動しています。
仕事ができたからモテているわけではなく、人生に対するアプローチの仕方が、
結果として仕事も異性も手に入れるのです。

行動力を上げることを意識することで、仕事もうまくいき、
そういう癖をつけることで彼女もできます。
プライベートが充実すると、仕事のモチベーションも上がる。

と、行動力を上げることで、彼女ができるだけではなく、人生が好循環していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする