【ドキドキしよう】青年よ!彼女を“温泉デート”に誘え!

Pocket

映画、ドライブ。
付き合いはじめて、ある程度デートを重ねているのに、
会話が弾まない、お互いに緊張してしまう・・・
もう少し彼女との距離を縮めたいと思っている男子諸君。

大好きな彼女を「温泉デート」に誘ってみるのはいかがでしょう?

「温泉デート」が二人にとって楽しい思い出になるよう、
こちらを参考に最高の思い出を作ってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

温泉デートは二人の距離を縮める。

付き合いはじめてしばらくたっても、
まだ相手のことを良く知らないような気がする、
相手のことをもっとよく知りたいなど、
恋人に対してそのような思いを感じるようになったら、「温泉デート」に誘ってみよう。

ショッピングや観光よりもずっと二人の距離を縮めるのが「温泉デート」なんだとか。
近場でも非日常を楽しめて、思いっきりイチャイチャできるそれが「温泉デート」。

二人の距離を縮める「温泉デート」の魅力とは?

 いつもと違う雰囲気で癒しを感じる。

いろいろ観光で見て回るのもいいけど、旅館でゆっくりイチャイチャできるのも魅力です。

旅先の温泉旅館では、普段の生活とは明らかに違い、ゆったりとした時間が流れています。
「温泉デート」では、彼女と向き合って話をしたり、触れ合ったり、
普段の仕事や勉強で忙しい日々を忘れ、できるだけのんびり過ごしましょう。

そんなゆっくりとした時間に身をゆだね、
普段、日常では感じられない癒やしを求めるのも楽しくないですか?

彼女の浴衣姿を見られる。

温泉旅館の浴衣は、花火大会やお祭りで着る浴衣とは違い、
半分、寝巻感覚のものなので、いつもと違う色っぽさを感じるものです。

きっと、彼女の魅力を再発見するでしょう。

彼女と行くなら、二人で入れる温泉を探せ!

非日常を楽しむ最大のイベントは、「彼女と一緒にお風呂に入る」ですよね?

もし、彼女とそんな楽しい「温泉デート」ができたら最高だと思いませんか?

そんな夢をかなえるには、それなりの環境が必要です。

それは、ふたつ。

  • 露天風呂付きの客室がある旅館。
  • 貸し切り風呂のある旅館。

大浴場に行かなくても、貸し切り風呂がなくても、
それぞれの部屋に、ユニットバスがある旅館も多いですが、
二人で入るといっても、それではあまりに、味気ないですもんね。

露天風呂付きの客室がある旅館に泊まる。

それぞれの部屋にプラベート露天風呂があれば、
いつでも気が向いたときにお風呂に入れるというメリットは大きいですが、
注意することもあります。

食事や布団敷きの確認を・・・

洋室なのか、和室なのか。
部屋数が1部屋なのか、2部屋なのか、
食事が、客室なのか、食事処なのかによっては、
旅館のスタッフが部屋に来ることも考えておかなければいけません。

わざわざ、露天風呂付きの客室に泊まるということは、そういうことなのですから、
邪魔が入っては元も子もありません。

ベッドルームや、2部屋であらかじめ布団が敷かれていれば問題ありませんが、
1部屋しかなければ、布団敷きにも来るでしょうし、
食事が食事処でない場合は、食事の準備にも来るでしょう。

和室ではなく、洋室があれば、そのほうがゆっくりできるかもしれません。

貸し切り風呂のある旅館に泊まる。

貸し切り風呂のある旅館なら、露天風呂付きの客室のある旅館よりリーズナブルに泊ることができます。
(貸し切り風呂は別料金なんてところもあるので要確認)

ここで気を付けたいことは、貸し切り風呂の予約です。

予約の方法は大きく分けて3つあります。

  1. 旅館を予約した時に、貸し切り風呂も予約する。
  2. 旅館にチェックインした時に、貸し切り風呂を予約する。
  3. 予約がなく空いているときに、フリーに使える。

予約なしで自由に使えるところは、自由に使える反面、今使えるかいちいち見に行ったり、
前の人が終わるのを待つ手間もあります。
(だいたい時間制限があるので1時間も待たずに使えるでしょう)
せっかく来たのに、なかなか利用できなければ気分も台無しです。
予約制がいいのか、予約なしがいいのかは好みが分かれるところです。

「温泉デート」の注意点。

せっかくの温泉デートを成功させるために気を付けなければならないことをまとめました!
旅行前に要チェックです!

計画は二人で立てよう。

特に「露天風呂付きの客室がある旅館」や「貸し切り風呂のある旅館」を予約する場合は、
事前に彼女に伝えておく必要があります。

混浴に抵抗のある女の子もいますし、女の子は事前の準備も大変です。

また、そんな日に限って「生理になった」なんてことがないように、
日にちを決めるところから、二人で計画を立てましょう。
エッチだけが目的だと思われても嫌だけど、
せっかくの温泉も体調が悪くては楽しめません。
計画を立てる時点で、生理とかぶらないようにできるのがべストです。

 泊る宿は入念にリサーチしておこう。

実際に行ってみたら、がっかりなんてことがないように、事前にリサーチしておきましょう。

ホームページを見ても、きれいに写真が撮られていたり、本当のところはわからないので、
「宿の名前+口コミ」や「宿の名前+ブログ」などで検索し、
実際に泊った人のレポートを探します。

感想や、料理の写真、お風呂の写真などをアップしている人も結構いるものです。

宿のホームページからでは解らない情報が見つかるかもしれません。

場所も事前に調べておこう。

温泉街はアクセスが悪いところが多いです。
初めて行く場所なら尚更、温泉旅館までの交通手段、
車で行くなら道のりや駐車場の場所、
周辺に観光できるところがあるのかということなど、
下調べしておくことでトラブルを避けて、貴重な時間を無駄にしなくてすみます。

車でしか行けなかったり、道に迷ったり、
不要なトラブルで気まずくなっては、せっかくのデートも台無し。
温泉デートは癒されることが目的なので、
事前に下調べをして、スマートなデートを演出しましょう。

羽目を外しすぎないように注意。

大好きな彼女とデートに来ているので、テンションも上がるでしょう。

当然、そういうことになるわけですが、あまり盛り上がりすぎるのは控えましょう。
ラブホテルとは違い、そういう目的だけの場所ではありません。

家族連れもいるでしょうし、後で恥ずかしい思いをしないためにもほどほどに。

特に貸し切り風呂は、他の客も利用します。
もし入浴の最中に甘い雰囲気になったとしても、
そのまま行為に及ぶといったことはないようにしましょう。

まとめ

カップルでの温泉デートはとってもおススメです。

大切に思っている恋人と、泊まり掛けのデートをするとなれば、
誰でもドキドキしてしまい、舞い上がってしまうものです。

お互いが気分よく楽しめるよう、事前の情報収集や準備はしっかりとしておきましょう。

準備にしっかり時間をかけて、温泉デートを楽しみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする