目的のインターチェンジを間違えてしまった時の裏技・・・”特別転回”

Pocket

高速道路で降りるはずのインターを乗り過ごしてしまい
次のインターで精算して再び目的のインターに戻る…
そんな経験はありませんか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

意外に知らない・・・”特別転回”というウラ技

「降りるインターチェンジを間違えた!」
運転中ついボーっとしてしまい予定のインターチェンジを過ぎてしまった!
なんて体験した方も多いのではないでしょうか。

パニックになって高速道路をバックで戻ったり、
逆走して目的のインターチェンジに戻りたい、
なんて考えを起こしてしまう人も中にはいるかもしれません。
実際にそんな事故も起きているようですが、
そんな時でも、余分な料金を払わずに、
予定のインターチェンジで降りることができることを知っていますか?

特別転回”という制度を使えば、
目的地のインターを通り過ぎた先からの往復の料金を
支払い無しで目的地のインターまで戻ることができます。

ETCでもOK!!

ETCの場合は、ETCゲートを使わずに有人の料金所に向かい、
行き過ぎたことを係員に説明すれば、
指示に従い料金を支払うことなく出口ゲートを出て戻れます。

そして、ETCカードを入れずに入口の有人ゲートにUターンし
特別転回中であることを告げ、
ETCカードを提示し、入口のゲートを過ぎてからETCカードをセットします。
あとは目的地のインターで降りて出発したインターから目的のインターの料金を支払えばOK♪

現金の場合は?

現金利用の場合は通行券に承認印を押してもらい、
出口ゲートを出てから、同様にUターンし、目的のインターへと出発できます。

これで本来降りるICまで高速道路を通って引き返すことができ、
乗り間違えたぶんの料金を支払わずに済みます。

※注意・・・”特別転回”できない場合もある!

とはいえ、注意も必要です。

特別転回は必ず許可されるものではなく現場の状況判断によるようです。

また、スマートインターチェンジや、
有人ゲートがない場合には利用することができません。
利用できたらラッキーくらいの感覚でいるようにしましょう。

まとめ

特別転回”という制度を利用すれば、
降り間違いによってかかる時間は戻ってきませんが、
覚えておけば万が一のときに無駄な出費は抑えられるかもしれませんね。

また、戻って目的のインターで降りれると思えば、
パニックも起こさず、落ち着いた行動もできるでしょう。

せっかくの、行楽や旅行で事故を起こさないためにも、
この”特別転回”覚えておいて損はありませんよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする