注文住宅のカタログが欲しいけど、営業マンがうっとうしくて住宅展示場に行けない人のために

Pocket

あんな家が欲しい、こんな家を建てたい。

家を建てる前は夢が広がって、ワクワクしますよね。

そんなときに、参考にしたいハウスメーカーのカタログ。
メーカーごとに特色も違うし、ぜひ参考にしたいもの。

しかし、住宅展示場は敷居が高い。
さて、どうしようか。

 
 
 
今回の記事はこんな人に読んでもらいたい
1.家づくりを検討し始めた
2.カタログは欲しいが、営業マンがうざい
3.住宅展示場に行っている暇はない
4.住宅展示場は場違いな気がする
5.家づくりに興味はあるが、まだ本気ではない
 
スポンサーリンク
レクタングル(大)

注文住宅のカタログのもらい方

家に興味を持ち始めたら、まずは参考にしたいのがカタログでしょう。

各社ちからを入れて作っていて、そのメーカーの特徴を知るにはもってこいだ。

では、そのカタログはどこでもらえるのでしょうか。

住宅展示場でもらう。

住宅展示場でもらうのが、手っ取り早い方法であることは間違いありません。

住宅公園に行けばすぐに数社のカタログをもらうことができるでしょう。

しかし、一度営業の人につかまってしまえばなかなか出ることもできずに、
1時間、2時間と1か所に時間がかかってしまうこともざらです。

そして住所や名前、電話番号を聞かれることも多く、
後日、営業電話がかかってきたり、訪問があったりと、
かなりわずらわしいことになりかねません。

また、忙しい時間に行ってしまえば、相手にしてももらえずに、
カタログも、もらいづらいこともあります。

住宅展示場で内覧するのは、ある程度会社を絞ってからのほうが無駄がないでしょう。

興味のある住宅メーカーの場合、疑問をその場で質問したり、
そのメーカーの住宅の特徴の説明をしてもらったりできるメリットもあります。

ホームページからもらう。

各ハウスメーカーのホームページにを見れば、
どんな技術で、どんな構造の家を得意としているのかを、
実例を挙げながら紹介されていて、
カタログ請求もできます。

しかし、一度に何社もの資料を請求しようとすると、なかなかめんどくさいもの。

そしてここでも、住所、氏名、電話番号を入力し後日担当の営業マンから連絡が来るという、
わずらわしさが付きまといます。

そんなめんどくささやわずらわしさもなく、時間も取られない方法もあります。

一括カタログ請求サイトでもらう。

一括カタログ請求サイトはいくつかありますが、
ここでは、こちらを紹介します。

ハウスメーカーや工務店に資料を請求できる『持ち家計画』というサイトです。

入力が簡単なので最短2分程度で資料請求できます。

大手のハウスメーカーや地域密着型の工務店など、
最大16社に1度の作業でカタログを無料で請求できるので、
自分に合った会社を探すことができます。

ただし、すべてのハウスメーカーが提携しているわけではないので、
必ずしも欲しいハウスメーカーのカタログのすべてがもらえるわけではありません。

まとめ

このように、すべてのもらい方に一長一短があり、
使い分けることが、必要になります。

  1. 一括カタログ請求サイトでカタログを一括請求。
  2. 足りないカタログを、各メーカーのホームページから請求。
  3. 興味を持った何社かの、展示場を見学

といった流れが、一番無駄がなく検討材料を得られるでしょう。

ハウスメーカーは、1社にこだわりを持って、他を検討しないのも問題がありますが、
逆に、たくさんのメーカーを見すぎたりするのも、迷うだけで得策ではありません。

良い家を建てる足掛かりとして、今回の記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする