【薄毛対策】プロペシアからフィンペシアに変えてみました。効果は?

Pocket

長年使い続けてきたプロペシアからプロペシアと同成分のフィナステリドを含有する
フィンペシアに変えてみることにしました。
その効果と、メリットを体験レポ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

フィンペシアとは?プロペシアとの違いは?

その違いはなんと言っても安さでしょう。

オオサカ堂で買った場合、

プロペシア(US版) 1箱28錠で5123円(183円/錠)、
3箱84錠で14700円(175/錠)円

フィンペシア1箱30錠で2038円(68円/錠)、
1箱100錠で2929円(29円/錠)、2箱200錠で5134円(26円/錠)

プロペシアをオオサカ堂で買いだした時も、「安いなぁ」と思っていたのに、
フィンペシアにすれば4箱約1万円で一年間飲み続けられるのです。
これは安い。

値段の確認はここから↓

気になる効果は?

使い始めて、3ヶ月近くになりますが、目立って今までと違うというところはぜんぜんなし。
抜け毛が増えるわけでも、格段に減るわけでもなく、プロペシアを使っていたときとの差はまったくといっていいほどありません。

もともと、髪の毛を生やす薬というよりは、抜け毛を防ぐことに軸足を置いた薬なので、薄くさえならなければ劇的な変化はありません。

まぁ、同じ効果が得られるのなら、安いに越したことはないですからね。

と、言うことで僕はこれからもしばらくは
フィンペシアと、ミノタブの2本立てで行きたいともいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする