そうだったの? 一目ぼれ結婚は離婚率が低い!

Pocket

だれでも人生の中で一度は“一目ぼれ”の経験があるのではないでしょうか?

直感的な、いわゆる「ビビビっ」とくるものを一目ぼれと呼びます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

一目ぼれは勘違い

誰でも人は、理想の異性のイメージというものを心のどこかで持っています。
そして、そのイメージに近い人と現実に出会ってしまうと「親近感」を感じてしまう。
一目ぼれは「潜在的なタイプ」に近い=理想的な人である 、と勘違いしてしまう心理状態というわけです。

女性の一目ぼれのメカニズム

女性は”におい”で一目ぼれをするそうです。
遺伝的相性の良さを瞬時に判断して、
その相手が自分の遺伝子の組み合わせと最適だと感じれば
その人を好きになってしまうのです。

では、どのような場合相性が良いと判断されるのでしょうか?
それは、 お互いに違った病気に対する免疫や耐性、
身体的な特性を持つ環境適応能力の高い子孫を残すために、
遺伝子的に遠ければ遠いほその男性に惹かれていきます。
動物の本能として、そのような特性が備わっているのです。

残念ながら、男性にはそのような能力はないようです。

男性の方が一目ぼれしやすい?

一目ぼれの経験がありますか?
という質問をすると、女性は半数以上がNOなのに対し
男性は半数以上がYESだったようです。

それは、女性が内面を重視するのに対し、
男性は女性の容姿を重要視しているからに他なりません。

このことからも、ほとんどの男性は一目惚れが基本だといえます。

一目ぼれ結婚は離婚率が低い

一目ぼれからの恋愛⇒結婚へと至った場合の離婚率は低いと言われています。

アメリカで行われた調査によると、一目ぼれで結婚した夫婦1500人対象に調べたところ、
離婚率は、男性が約20%、女性では10%以下とかなり低い離婚率になっています。

また、一目ぼれしたカップルは約55%がそのまま結婚しているというデータも同じ調査から出ています。

一目ぼれからの結婚が理想の形

男性には見た目が魅力的な女性を好む性質があり、
魅力的な女性を獲得出来ると狩猟本能が満たされ、
自分が獲た勲章として大切にし続けようとします。

つまり、一目ぼれで見つけた相手を苦労して手に入れたことに対する
達成感により幸福感が満たされます。

満足感を得ることにより浮気も減るのかもしれません。

一目ぼれという直感には、本当に赤い糸があるのだと感じてしまわざるを得ません。

また、離婚率の低さから見ても一目ぼれからの結婚が理想の形だといえるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする