鳩の駆除をネットで専門業者を頼まない方がいい理由

Pocket

平和の象徴『鳩』
それでも自分のマンションのベランダ、家の屋根、ガレージ、店先・・・身近なところに巣を作られて、居座られたらのんきにかわいいとも言っていられませんよね。
糞もすごいし、病気も気になる。

ちょっと待って。業者を選ぶ前に知ってほしい事。

参考サイト:鳩の被害にあっちゃった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

業者に頼むことがいけない訳ではない。

鳩が巣を作る場所は、蛇やカラス、鷹などの猛禽類がいないところ。つまり人間のいる環境っていうのは人間にさえ気を付ければ、人間の周りが一番安全なのです。

人間の周りで安全なところと言えば、やはり高いところということになります。
必然的に、屋根やベランダなどの、人の手の届かない所や目の届かないところになります。
高い場所では、作業も危険になり、またきちんとした対策を取らないと、場所に執着した鳩は簡単にはあきらめません。

自分で対策できるようなところならそれが一番ですが、鳩の習性に明るく、作業にも慣れているプロに任せる方がいいのは当然の事なのです。

どうやって業者を探す?

もし業者を探すのなら、インターネットやタウンページで地元の害獣駆除業者や、何でも屋さんに聞いてみるのが一番です。
鳩や害獣の駆除だけを専門にやっている業者は少なく、たいてい庭木の手入れや防水などの外構などもやっている何でも屋さんが多いです。

ここでポイントなのが『地元』というところです。

インターネットで一番最初に出てくるような『日本鳩○○センター』や『鳩○○0番』などの全国ネットの業者さんにお願いしても、結局来るのは地元の何でも屋さんです。

もちろんそれが悪い訳ではないのです。
自分で地元の業者を探すのが大変だったり、お金に余裕があれば、手間が省けるからです。

ただ、結局同じ業者さんが来ても2割ほどマージンを取られるので、安くない作業では数万円の差が出てきます。
あくまで、費用対効果なので、その金額を払っても楽な方が良ければ悪い選択ではありません。

業者を選ぶときの決め手は?

業者を選ぶときは、必ず何社かに見積もりをもらいましょう。
金額だけではなく、作業のやり方、鳩の対策の仕方、またその対応の仕方。さまざまです。

現場に見に来ないで一律いくらで金額を決めてくる業者もいれば、下見をした上で親身に相談に乗ってくれる業者もいます。

「ほかの業者さんにも相見積を取っています。」と、あらかじめ説明した上での方が、相手の心情的にも、金額的にも良いでしょう。

まとめ

それでも、自分で対策できた方が、一番経済的ではあります。
鳩対策で一番大事なことは、スピードです。

鳩が来ることが多くなった。そんな時は即対策すべきです。
巣を作られると、鳩の執着はハンパなく増しますし、卵が生まれると鳥獣保護法が適用され行政の許可なく撤去は出来なくなります。

鳩が来だしたなと気づいたら、即座に対策しましょう。

参考サイト:鳩の被害にあっちゃった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする